薬剤師転職を成功させる秘密とは?

薬剤師転職 > 薬剤師転職で年収アップする方法

薬剤師転職で年収アップする方法

薬剤師の方が転職して、結果的に年収が高くなった、という話はあまり耳にしないように思われがちですが、ある「ポイント」を押えれば、年収アップは決して不可能ではありません。そのポイントとはどんなものでしょう?

まず1点目は、地方の求人を狙う、ということです。薬剤師の中でも、ドラッグストアや調剤薬局といった職種は、都市部の勤務を希望する方が多いため、地方における人材の不足がかなり深刻な問題になっています。

そうした理由から、上記の職種の地方の求人の待遇は、都市部のそれよりもかなり良い場合が多いのです。地方の求人の場合だと、都市部ほど競争も激しくないので、年収アップと併せて一石二鳥と言えます。

次に2点目ですが、前職の給与水準を考慮してくれる求人を選ぶ、ということです。自分が前の職場でどの程度のお給料をもらっていたかを伝えると、それを考慮した上で、それと同等、場合によってはそれ以上の給与体系にしてくれる所もありますので、これを見逃す手はありません。
長崎県薬剤師会

事前にそのあたりの条件をしっかり確認するようにしましょう。薬剤師が転職後に年収を増やすために大切なものは、経験と実績です。経験は、薬剤師として働くことによって自然と培われるものですが、実績というとあまりピンとこないかもしれませんね。
薬剤師求人-年収を上げる戦略的な方法

薬剤師の実績とは、ズバリ「管理職になること」です。薬剤師の世界で言えば、管理薬剤師がそれに当たります。管理薬剤師は、早ければ20代半ばでなる方もいます。もし、将来的に転職等を視野に入れているのであれば、できるだけ早めに管理薬剤師になることを目標にすることをお勧めします。

管理薬剤師は、薬剤師としての高い知識に加えて、部下を教育、育成するといった、人材教育的なスキルも必要になります。楽な仕事ではありませんが、もし転職した場合も、管理薬剤師の実績があれば、本給に加えて役職手当がプラスされますので、年収アップには心強い味方になります。

ですが、一番大切なのは、自分が薬剤師として、どういう仕事をしていきたいか、明確なヴィジョンを持つことです。そうすれば、転職したとしても必ず年収アップにつながる仕事ができることでしょう。